あなたのお店がお客さんや自分に与えてくれているモノは何ですか?

トップページコミュニケーション力向上方法社内研修|あなたのお店がお客さんや自分に与えてくれているモノは何ですか?

先日、クライアントから依頼を受けまして、店舗スタッフの社員研修を実施してきました。


社長からの要望は「まだまだ若いスタッフだけど、これからは彼らが主体的になってこの店を運営していかなければならない。だから、彼らにコミュニケーションや仕事をする心構えのような事を研修をして欲しい」でした。


社長の意向を受けて、私は「今のお店をどんなお店にしていきたいか?」を通じて、コミュニケーションを体験する研修を実施しました。


私が今回お邪魔したクライアントのお店は開店してから約3年経っています。


今の世の中、お店が開店してから1年後にそのお店が潰れずに残っている割合は約65%。開店3年経過後に潰れずに残っている割合は約25%だと言われています。


では、潰れてしまうお店と潰れずに生き残っているお店のとの違いは何か?と考えると


・お客さんが来店してくれている

・売上がたくさんある

・利益が出ている

そんな違いがあると思います。しかし、これは「違い」の表面的な部分です。そのお店が潰れずに生き残っている違いは何でしょうか?


そんな事をテーマにして、若いスタッフの研修が始まりました。



彼らは悩みます。頭を抱えて悩みます。

潰れてしまうお店と潰れずに生き残っているお店のとの違いは何か?



 

それはそうですよね。彼らはまだ23歳、22歳です。仕事はしていても、「潰れてしまうお店と潰れずに生き残っているお店のとの違いは何か?」なんて考えたことはないのですから。


そういう事は自分達が考えるのではなく、社長が考えるものだと思っているでしょう。でも、お店が生き残る為には、現場に常に出ていない経営者や管理職の人達があれこれ考えるより、常に現場に出てお客さんと触れ合っている現場スタッフが考える方が、お店としても活力がでます。


若いスタッフは悩むけど、私としては悩んで欲しいのです。



「難しくて判らない」・・・  そんな声も聴こえますが、


「判る範囲でいいから、判るとしたら何かな?」

「難しいというと思考がストップするから、あなたが感じるままでいいから何かな?」

「お店のお客さんの事を思い出してごらん。どんな声が聴こえる?」


とサポートしながらスタッフに考えてもらいます。そして、それぞれが導き出した答えを共有化して、自分のお店が持つ「違い」を再認識してもらいました。


自分が思っているより意外と「我がお店の持つ違い」はあるものです。普段は何気なく過ごしていると、意識にとどまらないの「お店の違い」は目に見えないと思っているけど、ちゃんと立ち止まって自分を振返り、現場を振返ると「我がお店の持つ違い」がちゃんと見えてきます。

自分が思っているより意外と「我がお店の持つ違い」はあるものです。普段は何気なく過ごしていると、意識にとどまらないの「お店の違い」は目に見えないと思っているけど、ちゃんと立ち止まって自分を振返り、現場を振返ると「我がお店の持つ違い」がちゃんと見えてきます。

 

 

そんな事を体験してもらう研修会でした。


そして、その「違い」は【価値】や【価値観】というモノに繋がってきます。【価値】や【価値観】については次回にしましょう。

タグ:

投稿日時: 2009年02月21日 09:45

関連する記事:1件

更新日:2019年10月02日

静岡県伊豆の国市 Officeパートナー渡辺良勝(事業承継サポート・経理担当後継者育成支援・経営相談対応・資金繰りコンサルティング,中小企業大学校東京校,中小企業大学校三条校,小規模企業支援能力向上研修,能力強化研修,コミュニケーション研修,専門家,株式会社エアーパス取締役) お世話になります。あなたの意志決定支援のパートナーの渡辺です。静岡県東部を活動の中心に中小企業のビジネスパートナーとして活動しています。お世話になります。
Officeパートナー代表
企業と人財を元氣にするパートナー 渡辺です。

Google

【DVDセミナー】利益を生み出す経理・会計の集計方法
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】利益を生み出す経理・会計の集計方法

【DVDセミナー】社長!こんだけの売上高が無いと赤字になりまっせ!
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】社長!こんだけの売上高が無いと赤字になりまっせ!

【DVDセミナー】事業承継のお悩み解消いたします!
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】事業承継のお悩み解消いたします!

【DVDセミナー】金融機関に借入を申し込む際のポイント
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】金融機関に借入を申し込む際のポイント

お問い合わせはこちらからメールでのお問合せはコチラから

faxでのお問い合わせこちらをクリックし、FAX用紙をダウンロード後、記入してFAXしてください。

このサイトの更新情報を簡単に取得できます。
下記をフィードリーダーに登録下さい。
フィードとは?

上記のフィードリーダーをご利用の方は、ご利用リーダーのアイコンをクリックするだけで登録が出来ます。

Powered by
Movable Type 3.34