金融機関への決算報告 実例

トップページ社外CFO・資金繰り改善支援財務セカンドオピニオン|金融機関への決算報告 実例

過去2回にわたり、金融機関への決算報告実施の大切さを話してきました。


今回は、5~6年前に実際に金融機関へ社長と一緒に決算報告を実施した際の(守秘義務がある為、多少脚色してあります)お話 を御紹介いたします。


決算報告をした企業を A社 とします。A社の概要は以下のとおりです。

  • 輸入雑貨の小売(実店舗以外に通販用として独自のホームページと楽天市場に通販サイトを有している)と同様の商材を販売している業者への卸売
  • 決算は4月
  • 法人設立して5期が終了
  • 私は第2期から財務コンサルタント・社外財務顧問としてサポート開始
  • 既存取引金融機関への決算報告は第3期の決算が終了した頃から実施
  • 報告先金融機関とのお付き合い(借入)は第5期が始まったばかりの頃から新規で取引を開始
  • その他の金融機関は地銀2行と信用金庫1行
  • 第1期は赤字 第2期も赤字 第3期は収支トントン 第4期は550万円の黒字

A社が報告先の金融機関とのお付き合い(借入)が始まったのが、第5期に入ったばかりの頃で新規取引の金融機関でした。第5期は会社としても次のステージへ上っていく為にいろいろと設備投資や人材投資、市場調査などをして行こうと計画をしていました。 A社が報告先の金融機関とのお付き合い(借入)が始まったのが、第5期に入ったばかりの頃で新規取引の金融機関でした。第5期は会社としても次のステージへ上っていく為にいろいろと設備投資や人材投資、市場調査などをして行こうと計画をしていました。


その計画を実施するために、資金を調達する必要があり、地元の信用金庫や地銀へ融資の打診をしたのです。


新規取引先の金融機関とは、東京や大阪の業者の売上代金の入金口座として普通預金口座を第3期頃から開設していましたが、借入の取引はありませんでした(借入として新規)。


そのような状況の中で、借入として新規取引になる金融機関から第5期に実施するA社の戦略や必要となる資金について打ち合わせを行い、新規で5000万円の借入をすることが出来ました。


融資を受けた5000万円と以前から貯蓄していた資金とを使い、為替変動リスクを回避するための予約仕入や会社内の受発注システムを整備したり、新たに人材を確保したり、市場調査、販路開拓、Web広告、ホームページの作り直しを実施しました。


A社としては、第5期に売上高や利益を増加させる事も大事ですが、これからの3年5年を見据えて、将来的に会社としての組織力・商品力・開発力を高めるための【輸入雑貨の安定的供給ルートの確保・設備投資・人材投資・市場調査の年】と第5期を考えていましたので、第5期の結果として決算をしてみると、損益計算書では売上高は前年比120%と伸びましたが、【輸入雑貨の安定的供給ルートの確保・設備投資・人材投資・市場調査・販路開拓・Web広告】という特別支出があったため、約1000万円の赤字を計上することになりました。第5期に1000万円の赤字が計上されたことにより、貸借対照表上の純資産額が黒字から赤字に転落(債務超過状態になった)しました。


A社社長と決算内容等を振り返りながら、自社が実施してきた各種投資に対する費用対効果の分析や手に入れた成果、見えてきた課題などを検討しあい、金融機関への決算の報告内容を策定しました。第5期の決算報告のポイントは


  • 積極的な投資をしたこと(将来に向けての前向きな投資)
  • 特別な支出をしたこと(市場調査費等)
  • 1000万円の赤字を計上したこと
  • 債務超過状態になったこと
  • 第5期の投資等は第6期以降に効果が出てくる支出であること

上記が報告時のポイントと絞り込みました。


金融機関にしてみれば【債務超過状態】は避けたい状況なのは十分承知していましたが、会社として戦略上、第5期の各種投資や市場調査、販路開拓は必要な支出でしたので、これらの事をどこまで金融機関に理解してもらえて、そしてA社の事をどれだけ理解してもらえるかが【決算報告】のキモでした。


5000万円の融資を受けた金融機関との決算報告の日がやってきました。当日は融資担当者がA社まで来て頂き、A社会議室で決算報告となりました。


A社社長と一緒に作り上げた【決算報告書】を渡しながら、和やかな雰囲気の中、雑談から始まり、場の感じが落ち着いた所で決算報告に入りました。


決算報告書のページ構成は

1) 表紙

2)第5期営業報告

3)第5期の収益性及び安全性の財務分析

4)決算書及び勘定科目内訳書

5)第5期のキャッシュフロー計算書

6)第6期の経営方針

7)第6期の経営計画書(数値計画)


というページ構成でしたが、A社社長は決算報告書に沿って、第5期の営業報告を説明していました。この営業報告はとても重要だと私もA社社長も認識していました。第5期にA社がどのような事を実施してきて、その結果手に入れたものやそこから見えてきた課題等を説明します。決算書という定量的な情報では読み取ることが出来ない定性的情報の提供です。




しかし・・・・




A社社長が第5期の営業報告している最中、融資の担当者は社長の顔を見る事なく、耳で営業報告を聞きながらそそくさと決算報告書をペラペラとめくります。A社社長の説明も十分聴かずに決算書に目を通します。


決算書の貸借対照表が目に入った途端、融資担当者の表情が一気に曇りました。担当者が見ていた所は ” 純資産 ” の部分です。債務超過状態が融資担当者の目に入ったのです。今まで和やかな感じだった決算報告会の場が債務超過が分かった途端、手のひらを返した如く、厳しい表情に一変しました。 



全く分かりやすい融資担当者でした。(思わず、営業担当ならもうチョット、EQを鍛えて欲しいと思ってしまいましたよ)



私もA社社長も貸借対照表が債務超過になっていることは承知していました。しかし、その結果数値には意味や根拠があり、再建可能な債務超過だと私とA社社長は認識していたのですが、融資担当者にはそんな事は関係なく、貸借対照表の純資産がプラスなのか?マイナスなのか?だけが重要だったようです。


融資担当者の心の中や言いたい事がまるで手に取るように、融資担当者の表情から読み取れます。明らかに不快感を出している表情で、口調も一気に沈みました。


融資担当者の気持ちも十分分かりますが、営業としての立場から、お客さんが説明をしている最中に、お客さんの話もそっちのけで資料に目を通し、マイナス要因が出てきた途端に表情に出すのはどうかと思いましたね。確かにその融資担当者は融資を受ける時からコミュニケーション能力は低かったです。明らかに【もう一度話しをしたいと思わない】コミュニケーションレベルでした。それはA社社長も同感でした。


そのように私達が感じていたのに、決算報告をしている最中にモロ「A社社長! これはマズイよ!」と言いたげな表情をした融資担当者を見たA社社長も一気にトーンダウンです。


融資担当者に話しをする前に、他の取引金融機関(信用金庫や地銀の支店長や担当者)へ決算報告をして、第5期の経営状況や将来を見越しての各種投資、そして、債務超過の事実と回復可能な赤字であるという事を理解していただいていただけに、今回の融資担当者の表情や態度は明らかにA社社長のやる気を削ぐことになりました。


そして少しトーンダウンしながらもA社社長は自社の第5期の営業報告と第6期の経営方針について説明をして下さいました。でも、とても駆け足な説明です。明らかに早く目の前の融資担当者との報告会を直ぐにでも終わりにしたいという感じでした。



そして ・・・



融資担当者の口からこぼれた言葉が

「はぁ~・・・ 何で事前に言ってくれなかったんですかぁ~・・・」


まるで投げ捨てるかのようにポツリと言いました。その後に続く言葉は予想していた通り、

「銀行としては債務超過の決算書は格付け的に低く、追加融資の審査対象にもなりません」

「理由は分かりますが、何とかならなかったのでしょうかぁ~・・・」



・・・・・・


・・・・


・・



うぅ~~~ん・・・



債務超過は承知の上、追加融資無理も承知の上、格付けが下がるのも承知の上


でも、第5期の投資等は第6期以降に繋がっていく投資であり、コレからが踏ん張り時で、粉飾しようと思えば幾らでも出来たし、黒字にしようとしたら勘定科目の操作や会計処理の操作でやってやれないことは無かったでしょうけど、それでは本来の企業経営になりませんし、金融機関とのリレーションシップを築く上でもいいことではないと私もA社社長も認識していました。



そして、融資担当者からダメ押しの一言・・・

「そうそう、現状の融資はリスケも出来ませんから」



・・・・・


・・・



その言葉を聴いた途端、私とA社社長の心は決まりました。


”なんとしてでも、資金を調達しこの金融機関からの融資を即刻完済して、この金融機関との取引から手を引こう”


A社社長の口からは、一言も「追加融資」や「リスケ」という言葉は言っていませんでしたし、状況を考えていくと、この金融機関からの追加融資は初めから期待していませんでした。それに、A社が融資を受けている金融機関の中で、この金融機関が一番金利が高かったので、どうにかしたいと思っていたのです。ある意味、いいタイミングだったのかもしれませんね。


 

 

他の金融機関との決算報告は報告と質疑応答と雑談で2時間から2時間30分ぐらい掛かりますが、この金融機関への(この融資担当者への)決算報告は30分で終了でした。


 

守秘義務の関係で多少脚色はしてありますが、これがある金融機関への決算報告の実例です。


A社社長としての感想は

●やっぱり◯◯銀だよなぁ~

●中小企業には地元の地銀や信用金庫の方が付き合っていくには会社を理解してくれる

●金融機関はお付き合いする企業を選定するけど、企業もお付き合いする金融機関を選定しなければならない

とA社社長は感じたようです。


 

この文章を読んでいるあなたはこの実例から何を感じましたか?何を得ましたか?

 

今回の金融機関の対応は、本当に金融機関としてマニュアル化されている対応なのか? 担当者のスキルが低く、本来その金融機関が望む対応でなかったのかもしりません。最近ではこのような対応をする金融機関担当者も減ったと聞きますが、担当者の能力は様々ですから 不幸にもこのような担当者が御社の担当になる可能性もあります。


でも、A社社長も決算報告を通じていろいろな事を学び取ったようです。



次回も決算報告の実例その2 をお送りいたします。





そうそう! A社社長の意向(この金融機関とは今後も長い付き合いをしていく気はない)もあり、その翌年に地元の信用金庫から融資を受けて、この決算報告の実例で出てきた金融機関からの融資を返済しました。





☆■☆ Officeパートナー:会社案内 ☆■☆


小規模事業経営者・中小企業経営者の経営参謀として、経営改善・資金繰り・事業性評価対応アドバイスや事業再生・事業承継・M&Aのアドバイスを行っています。


代表:渡辺は自分自身の倒産・自己破産の経験から経営者の悩みがよくわかります。経営者の相談相手として経営者と共に事業を創り、共に栄える事ができるような伴走型支援でサポートをご提供します。


<派遣専門家としての登録支援機関>

・静岡県商工会連合会 エキスパートバンク登録専門家

・山梨県商工会連合会 エキスパートバンク登録専門家

・公益財団法人 静岡県産業振興財団登録専門家


<公的機関のセミナー・研修講師>

・中小企業大学校 東京校

・中小企業大学校 三条校



■□■ 【DVDセミナー】 DVDの販売 ■□■


【DVDセミナー】利益を生み出す経理・会計の集計方法:4,500円

http://www.office-partner.jp/seminar/_dvd.php


【DVDセミナー】社長!こんだけの売上高が無いと赤字になりまっせ!:4,500円

http://www.office-partner.jp/seminar/dvd_1.php


【DVDセミナー】金融機関に借入を申し込む際のポイント:4,500円

http://www.office-partner.jp/seminar/post_272.php


【DVDセミナー】事業承継のお悩み解消いたします!:4,500円

http://www.office-partner.jp/seminar/dvd.php



■□■ 無料レポート・無料小冊子のダウンロード ■□■


下記のレポートや小冊子・テキストは無料でダウンロード出来ます。是非 ご自由にダウンロードしてください。


無料レポート 実録体験談「倒産への道 そして 新たな人生の選択」全68ページ:890KB


無料テキスト:経営者・後継者の為の事業承継に向けての4つの準備(入門編)全49ページ:1.69MB


無料テキスト:小規模事業者・中小企業経営者の為の経営者保証に関するガイドラインの利用方法 全39ページ:660KB




■□■ お問い合わせ・相談 ■□■

Officeパートナーへのお問合わせ・相談はコチラからどうぞ




タグ:

投稿日時: 2018年01月22日 08:30

関連する記事:3件

更新日:2018年05月16日

静岡県伊豆の国市の意思決定支援コンサルタント Officeパートナー渡辺良勝(財務セカンドオピニオン,事業承継,事業再生,事業譲渡,M&A,金融機関対策,事業計画,コミュニケーション向上、コンサルティング、起業創業支援、ビジネスコミュニケーションセミナー、コーチング、ファシリテーション、目標達成、自己実現、資金繰り、利益計画、経営計画、経営戦略、管理会計) お世話になります。あなたの意志決定支援のパートナーの渡辺です。静岡県東部を活動の中心に中小企業のビジネスパートナーとして活動しています。お世話になります。
Officeパートナー代表
企業と人財を元氣にするパートナー 渡辺です。

Google

【DVDセミナー】利益を生み出す経理・会計の集計方法
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】利益を生み出す経理・会計の集計方法

【DVDセミナー】社長!こんだけの売上高が無いと赤字になりまっせ!
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】社長!こんだけの売上高が無いと赤字になりまっせ!

【DVDセミナー】事業承継のお悩み解消いたします!
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】事業承継のお悩み解消いたします!

【DVDセミナー】金融機関に借入を申し込む際のポイント
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】金融機関に借入を申し込む際のポイント

お問い合わせはこちらからメールでのお問合せはコチラから

faxでのお問い合わせこちらをクリックし、FAX用紙をダウンロード後、記入してFAXしてください。

このサイトの更新情報を簡単に取得できます。
下記をフィードリーダーに登録下さい。
フィードとは?

上記のフィードリーダーをご利用の方は、ご利用リーダーのアイコンをクリックするだけで登録が出来ます。

Powered by
Movable Type 3.34