【経営者保証に関するガイドラインを読み解く03】 1会社と個人の明確な分離 2財務基盤の強化 3適時適切な情報開示

トップページマネジメントサポート|【経営者保証に関するガイドラインを読み解く03】 1会社と個人の明確な分離 2財務基盤の強化 3適時適切な情報開示

経営者保証に関するガイドラインにおいて社長の連帯保証無しで融資が受けられる条件は3つ表示されています。


この3つの条件をもう少し詳しく紐解いてみたいと思います。





また、経営者保証に関するガイドラインについてのパブリックな情報は下記のサイトを御覧ください。

  ↓ ↓ ↓ ↓

■政府広報オンラインー 経営者保証に関するガイドライン

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201503/4.html


■経営者保証に関するガイドライン

http://hosyo.smrj.go.jp/


■政府インターネットテレビ 

 ~中小企業や小規模事業者の方へ~ 経営者保証なしで融資を受けられる可能性があります

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12517.html


■金融庁~「経営者保証に関するガイドライン」の積極的な活用について~

http://www.fsa.go.jp/policy/hoshou_jirei/index.html



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


会計情報・会計データから現状の問題点や課題を抽出し

 コーチとして事業の可能性を経営者と一緒に導き出し

  コンサルタントとしてゴール達成へのプランニングをし

   ビジネスパートナーとしてゴール達成を後押しし

    財務コンサルタントとしてPDCAサイクルを数値化し

     企業の経営活動を会計情報として見える化する


これが Officeパートナーが提供するサービスです


  知的資産経営認定士

認定事業再生士( CTP )

経営革新等支援機関


あなたの意志決定支援のパートナー

企業と人財を元氣にするパートナー


Officeパートナー 代表:渡辺良勝


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


投稿日時: 2017年05月15日 15:55

関連する記事:24件

最新情報

最近のコメント

更新日:2017年09月18日

静岡県伊豆の国市の意思決定支援コンサルタント Officeパートナー渡辺良勝(財務セカンドオピニオン,事業承継,事業再生,事業譲渡,M&A,金融機関対策,事業計画,コミュニケーション向上、コンサルティング、起業創業支援、ビジネスコミュニケーションセミナー、コーチング、ファシリテーション、目標達成、自己実現、資金繰り、利益計画、経営計画、経営戦略、管理会計) お世話になります。あなたの意志決定支援のパートナーの渡辺です。静岡県東部を活動の中心に中小企業のビジネスパートナーとして活動しています。お世話になります。
Officeパートナー代表
企業と人財を元氣にするパートナー 渡辺です。

Google

経営者・後継者の為の事業承継に向けての4つの準備(入門編)DVD及びテキスト
【 サンプル動画 】

経営者・後継者の為の事業承継に向けての4つの準備(入門編)DVD及びテキスト

小規模事業者・中小企業経営者の為の経営者保証に関するガイドライン利用方法を紹介したDVDとテキスト
【 サンプル動画 】

小規模事業者・中小企業経営者の為の経営者保証に関するガイドライン利用方法を紹介したDVDとテキスト

お問い合わせはこちらからメールでのお問合せはコチラから

faxでのお問い合わせこちらをクリックし、FAX用紙をダウンロード後、記入してFAXしてください。

このサイトの更新情報を簡単に取得できます。
下記をフィードリーダーに登録下さい。
フィードとは?

上記のフィードリーダーをご利用の方は、ご利用リーダーのアイコンをクリックするだけで登録が出来ます。

Powered by
Movable Type 3.34