【事業性評価 金融機関担当者としてのコミュニケーション術編08】事業性評価におけるヒアリング内容等

トップページマネジメントサポート|【事業性評価 金融機関担当者としてのコミュニケーション術編08】事業性評価におけるヒアリング内容等

金融機関の担当者は今後、下記のような事を経営者のあなたに質問をしてくると予測されます。




【 事業性評価における取引先企業へのヒアリング内容等 】


①企業の基礎的事項 ~経営理念や企業概況等~


②業務フローと商流の把握


③市場や業界の特性


④競合他社の動向等


⑤企業の技術力や販売力、人材力などの強み


⑥企業が存在している市場の成長性等


⑦外部環境と内部環境


⑧経営者の資質、経営幹部の資質


⑨後継者等の存在


⑩今後の事業展開等



ぜひ 今の内に上記の事について答えられるように準備をしておきましょう!





投稿日時: 2017年06月05日 10:38

関連する記事:24件

最新情報

最近のコメント

更新日:2017年06月05日

静岡県伊豆の国市の意思決定支援コンサルタント Officeパートナー渡辺良勝(コミュニケーション向上、コンサルティング、起業創業支援、ビジネスコミュニケーションセミナー、コーチング、ファシリテーション、目標達成、自己実現、資金繰り、利益計画、経営計画、経営戦略、管理会計) お世話になります。あなたの意思決定支援のパートナーの渡辺です。静岡県東部を活動の中心に中小企業のビジネスパートナーとして活動しています。お世話になります。
Officeパートナー代表
企業と人財を元氣にするパートナー 渡辺です。

Google

お問い合わせはこちらからメールでのお問合せはコチラから

faxでのお問い合わせこちらをクリックし、FAX用紙をダウンロード後、記入してFAXしてください。

このサイトの更新情報を簡単に取得できます。
下記をフィードリーダーに登録下さい。
フィードとは?

上記のフィードリーダーをご利用の方は、ご利用リーダーのアイコンをクリックするだけで登録が出来ます。

Powered by
Movable Type 3.34