【事業性評価 金融機関担当者としてのコミュニケーション術編11】事業性評価におけるヒアリングシートに頼らない関係性構築法

トップページマネジメントサポート|【事業性評価 金融機関担当者としてのコミュニケーション術編11】事業性評価におけるヒアリングシートに頼らない関係性構築法

事業性評価におけるヒアリングシートでの情報収集は、企業を評価し企業価値向上の支援策を検討するには必要な情報を漏れなく集める事ができるツールだと思います。



ですが、私の感覚ですと、、、、



ヒアリングシートを通じての会話

= 表面的、正論、建前、飾った言葉、冷静、冷たい



ヒアリングシートに頼らない生の会話

= 温かい、本音、経営者らしさ、人間味ある、



というイメージの違いがあります。




事業性評価の最終目的は 「取引先企業の企業価値・事業価値の向上を支援する」ということから言えば、ヒアリングシートに頼ろうが、ヒアリングシートに頼らなかろうが、必要な情報(定性的情報や知的資産情報など)を得ることが一番重要だと思います。


しかし、「取引先企業の企業価値・事業価値の向上を支援」したその先に金融機関としての果実を得る事によって、金融機関も持続的な経営や発展をしていく訳ですから、企業も金融機関も共に持続的・永続的に発展していく関係性の構築が必要です。




2003年のリレーションシップバンキングの定義を思い出してみてください。



地域密着型金融(リレーションシップバンキング)とは、「金融機関が顧客との間で親密な関係を長く維持する事により顧客に関する情報を蓄積し、この情報を基に貸出等の金融サービスの提供を行うことで展開するビジネスモデルであり、その本質は、長期的な取引関係により得られた情報を基に、質の高い対面交渉等を通じて、早い時点で経営改善に取り組むとともに、中小企業金融における貸出機能を強化することにより、金融機関自身の収益向上を図ること


(信金中央金庫作成 2016.9.12 金融基本情報より引用)


と定義されていたと思います。



このリレバンの定義を改めて読んでみると、事業性評価とほとんど一緒ではないかと思えますよね。


ということは




「取引先企業の企業価値・事業価値の向上を支援」したその先に

「金融機関としての果実を得る事」があり、

「取引先企業と金融機関」が共に持続的発展をしていく

その為に「親密な関係性を構築し、長く維持していく」必要があり

その為の重要な要素が質の高いコミュニケーション



なんですよね。




今一度、「コミュニケーション」について見直して見ましょう


今一度、「コミュニケーション」を勉強してみましょう!





投稿日時: 2017年06月05日 15:45

関連する記事:13件

最新情報

最近のコメント

更新日:2017年11月08日

静岡県伊豆の国市の意思決定支援コンサルタント Officeパートナー渡辺良勝(財務セカンドオピニオン,事業承継,事業再生,事業譲渡,M&A,金融機関対策,事業計画,コミュニケーション向上、コンサルティング、起業創業支援、ビジネスコミュニケーションセミナー、コーチング、ファシリテーション、目標達成、自己実現、資金繰り、利益計画、経営計画、経営戦略、管理会計) お世話になります。あなたの意志決定支援のパートナーの渡辺です。静岡県東部を活動の中心に中小企業のビジネスパートナーとして活動しています。お世話になります。
Officeパートナー代表
企業と人財を元氣にするパートナー 渡辺です。

Google

【DVDセミナー】小規模事業者・中小企業経営者の為の利益を生み出す経理に変わる4つの方法 DVDの販売
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】小規模事業者・中小企業経営者の為の利益を生み出す経理に変わる4つの方法 DVDの販売

【DVDセミナー】経営者の為の管理会計基礎知識 損益分岐点売上高分析の総復習とその応用DVDの販売
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】経営者の為の管理会計基礎知識 損益分岐点売上高分析の総復習とその応用DVDの販売

【DVDセミナー】経営者・後継者の為の事業承継に向けての4つの準備(入門編)DVD及びテキスト
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】経営者・後継者の為の事業承継に向けての4つの準備(入門編)DVD及びテキスト

【DVDセミナー】小規模事業者・中小企業経営者の為の経営者保証に関するガイドライン利用方法を紹介したDVDとテキスト
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】小規模事業者・中小企業経営者の為の経営者保証に関するガイドライン利用方法を紹介したDVDとテキスト

お問い合わせはこちらからメールでのお問合せはコチラから

faxでのお問い合わせこちらをクリックし、FAX用紙をダウンロード後、記入してFAXしてください。

このサイトの更新情報を簡単に取得できます。
下記をフィードリーダーに登録下さい。
フィードとは?

上記のフィードリーダーをご利用の方は、ご利用リーダーのアイコンをクリックするだけで登録が出来ます。

Powered by
Movable Type 3.34