【事業承継 世代交代の準備 入門編04】 後継者に引き継ぐモノは何か?

トップページマネジメントサポート|【事業承継 世代交代の準備 入門編04】 後継者に引き継ぐモノは何か?

事業承継の準備の4つのステップ その2に進みます。


後継者に事業を引き継ぐにあたって 「会社形態」 と 「個人事業形態」 とでは 多少違う点があります。


また、事業承継で扱ったり、手続きしたり、試算したりする事は広範囲になります。


法人税、所得税、相続税、贈与税、会社法、登記、債権者保護、許認可、会社法、etc  と専門的な内容や手続きも必要になります。


税金関係は顧問の税理士

登記関係は司法書士

許認可に関しては行政書士

法務に関しては弁護士


と専門的な内容は専門家に依頼しましょう。




また、これらを全て企業側で探したり依頼したりするのは大変だったり、ネットワークがなかったりと不安な事もあるでしょうから、商工会や商工会議所の経営指導員さんへ相談するもの良いと思います。


もしくは、これらをコーディネートしつつ、事業承継計画の立案や事業承継を一つの機会として事業転換やビジネスモデルの再構築をするのであれば コンサルタントを活用するのも一つの方法です。



まずは 自社の状況を棚卸しをしてみましょう!







■動画で紹介していましたフローチャートやセルフチェックシートはコチラから


あなたに合った持続的経営戦略・出口戦略フローチャート(A3)PDF


事業承継に関するセルフチェックシート(A4)PDF



また、事業承継に関するパブリックな情報は下記のサイトを御覧ください。

  ↓ ↓ ↓ ↓

■中小企業庁~ 「事業承継マニュアル」

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2017/170410shoukei.htm


 コチラのサイトから

  ・経営者のための事業承継マニュアル(PDF形式:4,650KB)

  ・事業承継ガイドライン(PDF形式:4,601KB)PDF

  ・会社を未来につなげる

   -10年先の会社を考えよう-(PDF形式:13,794KB)PDF

 がダウンロード出来ます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


会計情報・会計データから現状の問題点や課題を抽出し

 コーチとして事業の可能性を経営者と一緒に導き出し

  コンサルタントとしてゴール達成へのプランニングをし

   ビジネスパートナーとしてゴール達成を後押しし

    財務コンサルタントとしてPDCAサイクルを数値化し

     企業の経営活動を会計情報として見える化する


これが Officeパートナーが提供するサービスです


  知的資産経営認定士

認定事業再生士( CTP )

経営革新等支援機関


あなたの意志決定支援のパートナー

企業と人財を元氣にするパートナー


Officeパートナー 代表:渡辺良勝

URL :  http://www.office-partner.jp

お問合わせはこちらからどうぞ:info@office-partner.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


投稿日時: 2017年05月16日 06:46

関連する記事:13件

最新情報

最近のコメント

更新日:2017年05月16日

静岡県伊豆の国市の意思決定支援コンサルタント Officeパートナー渡辺良勝(コミュニケーション向上、コンサルティング、起業創業支援、ビジネスコミュニケーションセミナー、コーチング、ファシリテーション、目標達成、自己実現、資金繰り、利益計画、経営計画、経営戦略、管理会計) お世話になります。あなたの意思決定支援のパートナーの渡辺です。静岡県東部を活動の中心に中小企業のビジネスパートナーとして活動しています。お世話になります。
Officeパートナー代表
企業と人財を元氣にするパートナー 渡辺です。

Google

お問い合わせはこちらからメールでのお問合せはコチラから

faxでのお問い合わせこちらをクリックし、FAX用紙をダウンロード後、記入してFAXしてください。

このサイトの更新情報を簡単に取得できます。
下記をフィードリーダーに登録下さい。
フィードとは?

上記のフィードリーダーをご利用の方は、ご利用リーダーのアイコンをクリックするだけで登録が出来ます。

Powered by
Movable Type 3.34