<$mt:Include module="Google Analytics"$>

管理会計・意思決定会計支援

トップページ事業承継・事業譲渡・事業再生支援|管理会計・意思決定会計支援

管理会計・意思決定会計支援の記事

固定費・変動費とは?(損益分岐点売上高の計算 手順その1)

概要

財務メタボ改善処方箋 【固定費・変動費とは(損益分岐点売上高の計算手順 その1...

固定費・変動費とは?(損益分岐点売上高の計算 手順その1)の内容

財務メタボ改善処方箋 【固定費・変動費とは(損益分岐点売上高の計算手順 その1)】


損益分岐点売上高計算ステップ その1です。



変動費とは、売上高の増減に連動して増減する(変動する)経費の事です。


代表的な勘定科目区としては 仕入高、売上原価、原料仕入高、外注加工費、販売手数料です。


これらの科目は売上高が増減すれば、その増減に連動して変動する科目です。




また、固定費とは、売上の増減に関係なく固定的にかかる経費の事です。


代表的な勘定科目としては、役員報酬、給料、法定福利費などの人件費、接待交際費や広告宣伝費、などの販売費や店舗や事務所の家賃、水道光熱費、電話代、ガソリン代などです。


これらの科目は売上の増減に関係なく、固定的に掛かる経費です。極端に言えば、売上が無くても掛かってしまう経費です。




サンプル企業の損益計算書の項目を使って、固定費や変動費について説明しています。



損益分岐点売上高計算の補足説明(変動費とは)

概要

今日は 損益分岐点売上高の計算方法における補足説明として「変動費」についてご説...

損益分岐点売上高計算の補足説明(変動費とは)の内容

今日は 損益分岐点売上高の計算方法における補足説明として「変動費」についてご説明します。


知っている方は 確認の意味で・・・


知らない方は 自社の決算書を手元に置きながら・・・


では 説明しますね!




損益分岐点売上高を求めるには 3つの要素を導き出す必要があります。


それは、


1.変動費

2.固定費

3.限界利益(率)

この3つです。


この内 今回は「変動費」についてご説明しますね。



変動費とは「売上が増えれば売上高に連動して増加し、売上が減れば売上高に連動して減少していく」経費の事です。


代表的な変動費は「仕入高:売上原価」です。製造業であれば、原料仕入高とか、付随する補助材料仕入高なんかも変動費に該当します。


他には、製造した製品を販売先に運ぶために、自社の車両等で運搬していればその運搬に関係する車両のガソリン代も変動費になるかな。 


ネットショップなどで、注文が入った商品をピッキングして梱包してヤマト運輸などの運送会社へ物流を依頼している場合は、運送会社への運賃も変動費になりますね。


あと、楽天やYahooなどのモールでの売上に対して5%とか10%とか手数料や売上連動賦課金とかの名目で徴収される費用も変動費ですね。


モノを仕入れたり、製造したりして付加価値を付け加える商売は上記の様な経費が「変動費」になりますが、警備業のように「1人工 18,000円」とかで人が売上高を形成する業種の場合は、給料や外注費という勘定科目に集計されている金額の内、管理者人件費ではなく、労働人件費が変動費になるでしょう。



いづれにしても、自社の業種業態でなんの経費が「売上に連動する経費なのか?」を見定める事が必要となります。


さて、あなたの事業の決算書や試算表をみて、どの勘定科目が「変動費」になるでしょうか?


調べてみましょう!


次回は固定費に関してご紹介しますね!

【実質給料】って何????

概要

【実質給料】って何???? と思った方いませんか。 前回の記事で &rdquo...

【実質給料】って何????の内容

【実質給料】って何????

と思った方いませんか。



前回の記事で



”それに、社長(特に同族会社)の給料は毎月貰う月給だけではないのです。見方として【実質給料】という見方も有ります。給料は毎月62万円だけど、実質的には80万円ぐらいになるのではないでしょうかね。いろいろな会社の経理財務関係を見ていると給料としてもらっている金額以外に、20万円ぐらいは実質的に多くなるようですよ!”



と書きました。


 「給料」とは会社員、公務員などの人達が月給、日給、時給を問わず”仕事をした事による対価”として、毎月決まった金額や残業代そのた諸手当の総額をいいます。社長や役員(専務や常務、○○取締役と呼ばれる方々)も、基本的には毎月決まった金額(月給50万円とか月給60万円とか)を会社から給料としてもらっています。


社長や役員ではない一般の会社員等の方々は毎月給料として貰ったお金を自分の携帯電話の通話料やインターネットのプロバイダ料、生命保険料や家賃、家族や友人との外食費や飲食費などに充当していきますよね。そして自分の小遣いも給料の一部から捻出していますよね。その小遣いをチョットでも増やそうとパチンコやスロットをして見たり、会社が終わったアフター5以降にちょっとアルバイトをしたりしている事でしょう。


これが当たり前の話ですが、社長の場合はちょっと感じが違います。


社長は会社の代表としての顔を持ちますし、一個人としての顔も持ちます。しかし、中小零細企業の社長の場合は会社(仕事)とプライベートは切っても切れない、切り離すことが難しいのが実状でしょう。会社の経営自体が生活の一部になっているのです。


多くの中小零細企業の会計的な経理処理ですと、社長が持つ携帯電話の通話料は会社の経費としている事が多いでしょう。それは、仕事の電話とプライベートの電話とどちらが多いかと考えると、圧倒的に仕事の為に携帯電話を使っている事が多いので、携帯電話の通話料は会社の経費にしています。



また、


         社長=会社の顔=一番の稼ぎ頭


であることが中小零細企業では一般的でしょう。ですから、社長が病気になって入院したら? 仕事の途中で交通事故にあったら? という事が生じたら、会社の存続自体が危ぶまれるというリスクも生じます。そのようなリスクの回避の為に、生命保険に会社として加入しているケースが多いです。社長の存在の有無=会社の存在の有無なのです。


もちろん、社長も個人的に家族の為に生命保険に加入しているでしょうが、それはあくまでも「家族を守る為」の保険ですから、個人で負担すべき保険料です。この保険料は社長が給料として会社から貰ったお金から個人的支出として払っているでしょう。


しかし、会社の経費として加入している生命保険は「会社と従業員とその家族を守る為」の保険ですので、会社の経費になります。(正確には保険・保障内容等によって経理処理に違いが生じます)


社長の中には、個人で生命保険に加入しないで会社で数種類の生命保険に入っていたり、手厚い保障内容の保険に加入をしている方もいます。こうすると、「個人の給料から支払わないで、会社のお金を使って生命保険に加入できる」という事になります。


    携帯電話の通話料・生命保険の掛け金


どちらも、会社員等の一般の方であれば給料から支払う事になるのですが、社長業をしている方々は自分の給料から払わないで会社が払いますので、給料の内、自由になるお金が多くなります。

コレが【実質給料】の具体例です。

携帯電話の通話料・生命保険の掛け金以外の具体例が次回にご紹介しますね。



 

会計・経理ソフトの導入に困っていませんか?今なら無料相談実施中!

 

Officeパートナーでは弥生会計での経理処理をサポートします

渡辺さんと知り合い、経理・会計面での不安がなくなりました

概要

  渡辺さんと知り合い経理・会計面での不安がなくなり、営業に力を入れ...

渡辺さんと知り合い、経理・会計面での不安がなくなりましたの内容

 

渡辺さんと知り合い経理・会計面での不安がなくなり、営業に力を入れる事ができるようになりました。毎回の打合せ会議では私とは違う視点からの意見や、私の話をジックリと聴いてくれるので製品作りも様々な形が浮かんでくるようになりました。

 渡辺さんに刺激され、売上高・仕入高を自分でまとめるようになって、原価率・限界利益を常に意識するようになり、密度の濃い計画を検討でき、我が社が今後どのように成長し進んでいくのかという方向性が明確になりました。

 我が社にとって進む道が開けてくるのではないかと感じております。

短期間に目に見えた会社の体質改善を実現する事ができました

概要

・ 会社名   :有限会社 杉山バラ園 ・所在地   :駿東郡清水町...

短期間に目に見えた会社の体質改善を実現する事ができましたの内容

有限会社杉山バラ園

・ 会社名   :有限会社 杉山バラ園

・所在地   :駿東郡清水町堂庭199

・URL    :http://www.el-rosa.com/index.shtml

・ブログ  :http://plaza.rakuten.co.jp/elrosa

 

◆ 会社の業務内容のご案内 ◆ 

 ・ガーデン用バラの生産販売
 ・バラ小物、グッズ販売、バラ用肥料、消毒剤に販売
 ・バラの庭作り、園芸指導、講習会、各種イベント、パーティの開催
 ・ガーデンパーティー、バーベキューパーティーの開催
 ・その他バラの育成に関する全般的な相談及び指導

 

◆ お客様の声 ◆

会社運営の危機的状況の中、会社の抱える問題点や改善点を具体的に抽出し改善指導をして頂いた事により、短期間に目に見えた会社の体質改善を実現する事ができました。
 

ある程度は原因に気付きながらも、行動の一歩を踏み出す事ができずに悩んでいた時に、背中を押してくれた事に対し、心から感謝しています。
 まだまだ、建て直しには時間が掛かると思いますが、良きアドバイスとご指導を望んでいます。今後もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

更新日:2018年03月31日

静岡県伊豆の国市の意思決定支援コンサルタント Officeパートナー渡辺良勝(財務セカンドオピニオン,事業承継,事業再生,事業譲渡,M&A,金融機関対策,事業計画,コミュニケーション向上、コンサルティング、起業創業支援、ビジネスコミュニケーションセミナー、コーチング、ファシリテーション、目標達成、自己実現、資金繰り、利益計画、経営計画、経営戦略、管理会計) お世話になります。あなたの意志決定支援のパートナーの渡辺です。静岡県東部を活動の中心に中小企業のビジネスパートナーとして活動しています。お世話になります。
Officeパートナー代表
企業と人財を元氣にするパートナー 渡辺です。

Google

【DVDセミナー】利益を生み出す経理・会計の集計方法
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】利益を生み出す経理・会計の集計方法

【DVDセミナー】社長!こんだけの売上高が無いと赤字になりまっせ!
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】社長!こんだけの売上高が無いと赤字になりまっせ!

【DVDセミナー】事業承継のお悩み解消いたします!
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】事業承継のお悩み解消いたします!

【DVDセミナー】金融機関に借入を申し込む際のポイント
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】金融機関に借入を申し込む際のポイント

お問い合わせはこちらからメールでのお問合せはコチラから

faxでのお問い合わせこちらをクリックし、FAX用紙をダウンロード後、記入してFAXしてください。

このサイトの更新情報を簡単に取得できます。
下記をフィードリーダーに登録下さい。
フィードとは?

上記のフィードリーダーをご利用の方は、ご利用リーダーのアイコンをクリックするだけで登録が出来ます。

Powered by
Movable Type 3.34