平成20年 しずおか商人道コミュニケーションコース終了

トップページセミナー情報・各種ご案内最新情報|平成20年 しずおか商人道コミュニケーションコース終了

昨日、静岡市主催の「しずおか商人道」のコミュニケーションコース全4回が終了しました。

平成19年度 静岡市商業者セミナー しずおか商人道 コミュニケーションコース

 

昨年に引き続き、コミュニケーションコースの講師として関わらせていただきました。


最終回のテーマは「他人との関わり合いの中で、コミュニケーションに影響を及ぼす様々な要因を体験する」です。


コミュニケーションを交わしていく過程には、多くの阻害要因・障害要因が存在します。自分自身に起因するもの、相手に起因するもの。でも、ほとんどが【自分に起因するもの】です。


今回の最終回では、ある実習を行ってもらい、その実習を通じてコミュニケーションを交わしていく過程に生ずる様々の阻害要因を体験してもらうことを実施しました。

 

実習中、各グループの様子を見ていると、いろいろな問題が浮かび上がっては消え、浮かび上がっては消えていました。その問題は実習の課題に関することもありますが、私から見ていると「コミュニケーションの取り方」に起因しているものが多いです。


この実習は、参加者の多くが「モヤモヤ感・スッキリしない感がある」と言っていました。実習の答えが導き出せない。難しい。よく分からない。様々な理由で「モヤモヤ感・スッキリしない感」が顕著に生まれてきたのでしょう。


私はあえて、「そのモヤモヤ感を持ち帰ってください」と言いました。セミナーを受けて、「うん!分かった!」「スッキリした!」と感じて終わると清清しいですが、その事が心に留まることができる期間は実は短いです。「腑に落ちない」「スッキリしない」といった感じは意外と心に留まる期間は長いのです。


その「モヤモヤ感」「スッキリしない感」「腑に落ちない感」はきっとこれからの生活の中で、ある時 


ピッピッピッッ!!


電流が走って、腑に落ちる時が来るでしょう。そのときが本当の学びになったときです。是非、モヤッて下さい。それが無意識のくさびになって、いつの日か分かるときが来ます。


しかし、


実際、コミュニケーションは常に気心してた人たちや狭い交友関係のみで使われるのではなく、初めての人や様々な性格、気性、考え方を持った人たちと交わしていくこともあります。


気心知れていれば、積極的に関わっていかなくても意思の疎通はできるでしょうけど、本当に相手の言わんとしている事を真意から汲み取れているでしょうか?


知らない人だから、何を考えているのか分からない、どう関わっていったらいいのか分からないというスタンスでいいのでしょうか?


何の為に「コミュニケーションを学ぶ」のでしょうか? 


いつもの自分のコミュニケーションスタイルは自分を守るために必要な道具ではありますが、その「いつもの道具」に頼ってばかりいたら、何も【学び】はありません。


いつもと違う道具を使うから、いつもとは違う何かが見えたり、いつもとは違う声が聴けたり、いつもとは違う感じを受けるのです。そこに【新たな発見】が存在しています。自分の制限を掛けるのはやめてみましょう。ブレーキを踏むのはやめてみましょう。分からないながらも取り組んでみて、不安ながらもチャレンジしてみて、見えてくるものがあります。


自分の発言や態度などはメンバーにもある影響を与えます。その影響がプラスならばメンバーもプラスのエネルギーをその場に発し、マイナスのエネルギーならばメンバーもマイナスのエネルギーをその場に発します。そして、私達はその「プラスかマイナスのエネルギー」に影響を受けて反応します。そのエネルギーがプラスであるならば、その場の生産性は高まり問題解決もしやすくなり、メンバーのモチベーションが上がり、納得できて気力も充実します。そのエネルギーがマイナスであるならば、その場の生産性は下がり不平不満が溜まります。


でも、気力が充実するか?不平不満が溜まるか?の違いはたった一つです。それは、あなたがどれだけメンバーや場に積極的に関わっていったかです。


私は講師として皆さんに関わっていましたが、参加者の方からある正直なフィードバックをいただきました。その人にとってはとても重要なことでした。


私はそのフィードバックを受けた時、いろいろな事を考えました。そして、帰りの新幹線の中、家に帰ってから風呂に入りながら、その参加者が言ってくれたフィードバックの真意や意味を考えました。


そして、ある事に気付きました。その気付いたことは、今後の講師としての肥やしになり、コミュニケーションを学んでいく者としての肥やしになる内容でした。


その参加者がフィードバックしてくれたことにとても感謝しています。本を読めば書いてある事でも、セミナーなどのライブで「Face To Face」「Here & Now」でその本で書いてある事の本当の意味や「あぁ~こういう事かぁ~」という事が体験を通じて学べます。 


これは、参加者だけでなく講師もその場に居ることによって多くを学べます。


正直にフィードバックしてくれた参加者に本当に感謝したいです。


そして、しずおか商人道のコミュニケーションコースに参加してくださった皆様、ありがとうございます。是非、あの場で体験し、感じた事、学んだ事を日常の生活に落とし込んでいって、自分のモノにしてください。


タグ:

投稿日時: 2008年03月25日 10:03

関連する記事:4件

コメント (3)

セミナーでお世話になった後藤です。最終回のセミナーはモヤモヤも多かったのですが、今振り返るとその分気付きの種がたくさんあったように感じます。
その種を一つでも多く拾い上げて、種播きして育てていきたいです。頭では分かっていても実践となると難しいこともあるかと思いますが、やっていくしかないですよね。

投稿者:ごとうさん |2008年03月29日 10:27

ごとうさんへ


セミナーご参加ありがとうございました。


モヤモヤ感は多かったでしょうけど、ごとうさんがおっしゃっている


「今振り返るとその分気付きの種がたくさんあったように感じます。」


これが大事です。


・うまく伝わらなかった

・うまく処理できなかった

・うまく話し合いがまとまらなかった

etc


コミュニケーション(自分自身と仲間との両方)に障害があった事を感じてください。


それを、自分なりに振り返ると本当に多くの気付きの種があります。


ごとうさんなら「捲いた気付きの種」を育てて、花を咲かせて、実を摘むこと」がきっとできますよ!


何か分からない事や不安な事がありましたらお気軽にメールやTELをください。


投稿者:渡辺良勝さん |2008年03月31日 09:42

こんばんは
今日絵手紙ハガキが届きました。ありがとうございました。
4月12日のコミュニケーションセミナーは言葉以外の影響にスポットを当てるそうですね。
私は今、NLP(神経言語プログラミング)を応用したコミュニケーションに関心があるのですが、このセミナーはそれに関連する内容でしょうか?
それと、先日からメールを送ろうと試みているのですが、そちらに受信拒否されてしまうようで(?)うまくいきません。
よろしければ一度メールをいただけるとありがたいです。

投稿者:ごとうさん |2008年04月01日 21:18

コメントを投稿

承認されるまではコメントは表示されません。


公開されません

最新情報

最近のコメント

更新日:2017年05月15日

静岡県伊豆の国市の意思決定支援コンサルタント Officeパートナー渡辺良勝(コミュニケーション向上、コンサルティング、起業創業支援、ビジネスコミュニケーションセミナー、コーチング、ファシリテーション、目標達成、自己実現、資金繰り、利益計画、経営計画、経営戦略、管理会計) お世話になります。あなたの意思決定支援のパートナーの渡辺です。静岡県東部を活動の中心に中小企業のビジネスパートナーとして活動しています。お世話になります。
Officeパートナー代表
企業と人財を元氣にするパートナー 渡辺です。

Google

お問い合わせはこちらからメールでのお問合せはコチラから

faxでのお問い合わせこちらをクリックし、FAX用紙をダウンロード後、記入してFAXしてください。

このサイトの更新情報を簡単に取得できます。
下記をフィードリーダーに登録下さい。
フィードとは?

上記のフィードリーダーをご利用の方は、ご利用リーダーのアイコンをクリックするだけで登録が出来ます。

Powered by
Movable Type 3.34