「いい人間関係を築く」コミュニケーションの取り方は・・・

トップページセミナー情報・各種ご案内最新情報|「いい人間関係を築く」コミュニケーションの取り方は・・・

先日(7月19日)に三島商工会議所で

あの人と今まで以上に積極的に関われる自分になる為のコミュニケーションセミナー

が開かれました。

 

私が開催するセミナーは【体験型】です。私が一方的に講義をするのではなく、   「理論」+「体験」=自分なりの答えを見つけ出す   コレが私のセミナーの根本的スタイルです。

私が開催するセミナーは【体験型】です。私が一方的に講義をするのではなく、   「理論」+「体験」=自分なりの答えを見つけ出す   コレが私のセミナーの根本的スタイルです。


ですから、時間をタップリと掛けます。今回開催したセミナーも5時間のセミナーです。でも、5時間での足りない感が出ます。


【体験を通じて学ぶ】という事は、参加者が”その場”で”その瞬間”におきている事をベースに自らが主体的になって学んでいくという事です。


確かに、「理論的には○○○です」という答えらしきモノは存在します。しかし、私達の感じ方、モノの見方、捉え方、判断をする時のバックボーンは十人十色です。同じ事を見たとしてもAさんとBさんとではその事に対しての感じ方や捉え方は違います。同じ体験をしたとしてもCさんとDさんとではその体験から心に残ることは違うでしょう。


【体験を通じて学ぶ】という事は、「あなたにとってのあなたなりの答えを自ら見つける事」にほかなりません。


その事を前提に、私は参加者と一緒にセミナーを楽しみます。私自身もセミナーを通じて、色々な事を発見し色々な事を感じます。


そして、今回は簡単に言えば、「いい人間関係を築く」コミュニケーションの取り方はどうすればいいのだろうか?について、体験をし、理論的な知識を学び、練習をしていきました。

セミナーの基本は「どうやって相手の話を聴くのか」です。しかし、この「聴く」事が意外と難しいんですよね。日常生活で意識しないでしている行動「話を聴く」ですが、この「話の聞き方次第」で相手は、


もう! ●●さんと話はしたくない!

なんだか ●●さんと話をすると滅入る

うあ~~ ●●さんとの話はイラつく!

となることもありますし


”もう一度、●●さんと話しがしたい。”

”●●さんと話をすると癒される。”

”相談するなら、絶対に●●さんにしたい”


となることもあります。


この差は何でしょうか?  この差はどこから来るのでしょうか?


私たちは、頭では「話を聴く時は○○すべき」「こうした方がいい」という事を知っています。でも、実際に話を聴く場面になると、頭では分かっている事が出来ない。


しかも、「出来ていない」ならまだいいのですが、逆に「そんな話の聴き方をしてはいけない」という話の聴き方を無意識にやってしまって、その結果、話を聴いていた相手と険悪な雰囲気になってしまったりして・・・


なんで私たちは、頭で分かっているのに、「いい関係を築けない話の聴き方」をしてしまうのでしょうか?  極端に言えば、「何でわざわざ相手の気分を害するような話の聴き方」をするのでしょうか?



それは、・・・・



私達は「素直に相手の話を聴けないフィルター」を持っているのです。コミュニケーションの本によっては、「色めがね」と表現したり「自分勝手なイヤホン」と言ったりしています。

私達には「素直に相手の話を聴けないフィルター」を持っているのです。コミュニケーションの本によっては、「色めがね」と表現したり「自分勝手なイヤホン」と言ったりしています。

このフィルターはどんなモノなのか?

このフィルターはどうしてできるのか?


そんな事を説明して、実生活ではどんな場面で出てくるのか? 事例を使って説明をします。


そして、どのようなコミュニケーションを取れば(話の聴き方をすれば)、相手の人は、


”もう一度、●●さんと話しがしたい。”

”●●さんと話をすると癒される。”

”相談するなら、絶対に●●さんにしたい”


となるのか?を理論的な説明と技術的な説明をしました。



さぁ  説明を受けて学習したから、「もう一度●●さんと話がしたい!」と相手に思ってもらえる話しの聴き方ができるでしょうか?


・・・・・


・・・


・・


できませんっ!  「知っている」と「使える」は違うのです。


だから・・・


【体験型】のセミナーで【練習】をするのです。本を読んで分かった事、セミナーを聞いて分かった事を日常生活で実践しようと思っても、


上手くできるかなぁ~

どうやるんだっけ?

はて? さて?

うぅぅ~~ん 心配


と不安だったりして、行動に移せない事も多いでしょう。そして、本を読んで学んだ事やセミナーで学んだ事を実践できないまま、忘れ去ってしまう。


こんな事 あなたもないですか?  


【体験型】のセミナーは【練習の場】です。だから、私のセミナーでは、今しがた学んだ理論や気付いた事を即練習します。【練習の場】ですから、失敗してもいいんです。上手く出来なくてもいいんです。実際に練習して、それを振返り、なぜそうなったのかをみんなで考え、そこからの学びに気付き、次に活かしている土台を作るのが【体験型セミナー】です

【体験型】のセミナーは【練習の場】です。だから、私のセミナーでは、今しがた学んだ理論や気付いた事を即練習します。【練習の場】ですから、失敗してもいいんです。上手く出来なくてもいいんです。実際に練習して、それを振返り、なぜそうなったのかをみんなで考え、そこからの学びに気付き、次に活かしている土台を作るのが【体験型セミナー】です


今回、ご参加くださいました皆様、是非、セミナーで学び、練習した事を日常でも練習のつもりで実践してくださいね♪


コミュニケーションは「技術」です。「技術」ですから、練習すれば必ず上手になります。皆様のご活躍を心より楽しみにしています


それと、【参加者特典】も忘れずにご活用くださいね!



次回は 8月29日(土)です。そして、内容は「実践的 TA(交流分析)活用入門講座」です。


そしてっ!  なっ  なっ  なんとっ!


 ”人の活きる力”をテーマに能力開発、自己への気付きから生きがいとやりがいを持った自律した人づくりで全国でご活躍中の小市哲也さんとのコラボレーションセミナーが実現しました。小市さんは今までに数万人の人たちの「活きる力」のサポートをされてきた自己啓発の日本人トレーナーのトップトレーナーです。


8月29日(土)のセミナーでは、TA(交流分析)におけるエゴグラム診断をベースにTA(交流分析)の基礎を学べます。小市先生の講座を少人数の密着型研修スタイルで学べる機会は数少ないでしょうし、静岡県で小市先生の講座が学べるのは、ココでしか学べないですよ! 


詳細は後日アップいたします


定員は10名の少人数での開催ですので、早めの申込みをオススメいたします



セミナーへのお申込みは ホームページ上の申込みページよりお申し込み下さい。


ホームページの申込みページ   


  

タグ:

投稿日時: 2009年07月21日 18:15

関連する記事:1件

更新日:2019年10月02日

静岡県伊豆の国市 Officeパートナー渡辺良勝(事業承継サポート・経理担当後継者育成支援・経営相談対応・資金繰りコンサルティング,中小企業大学校東京校,中小企業大学校三条校,小規模企業支援能力向上研修,能力強化研修,コミュニケーション研修,専門家,株式会社エアーパス取締役) お世話になります。あなたの意志決定支援のパートナーの渡辺です。静岡県東部を活動の中心に中小企業のビジネスパートナーとして活動しています。お世話になります。
Officeパートナー代表
企業と人財を元氣にするパートナー 渡辺です。

Google

【DVDセミナー】利益を生み出す経理・会計の集計方法
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】利益を生み出す経理・会計の集計方法

【DVDセミナー】社長!こんだけの売上高が無いと赤字になりまっせ!
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】社長!こんだけの売上高が無いと赤字になりまっせ!

【DVDセミナー】事業承継のお悩み解消いたします!
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】事業承継のお悩み解消いたします!

【DVDセミナー】金融機関に借入を申し込む際のポイント
【 DVDセミナー 】

【DVDセミナー】金融機関に借入を申し込む際のポイント

お問い合わせはこちらからメールでのお問合せはコチラから

faxでのお問い合わせこちらをクリックし、FAX用紙をダウンロード後、記入してFAXしてください。

このサイトの更新情報を簡単に取得できます。
下記をフィードリーダーに登録下さい。
フィードとは?

上記のフィードリーダーをご利用の方は、ご利用リーダーのアイコンをクリックするだけで登録が出来ます。

Powered by
Movable Type 3.34